CX-8とライバル車との比較(アウディ Q7)

下取り前には必ず「一括査定」

あなたの愛車を下取りに出す前に、必ず一括査定サイトで買取相場を調べてください

「他社の買取相場額」は、まさにあなたの「交渉の武器」となります

ディーラーでは30万円の下取りが、80万円で買い取ってもらえた!なんてザラ

ぜひ試してみてください。

>>「超簡単!」「わずか1分!」「無料!」の男の一括査定はこちら

アウディが誇る最新プレミアムSUV、Q7。

豪快な乗り味と高級感のある室内空間が魅力です。

CX-8は、どこまでQ7に対抗できるのか?

この記事では、Q7とCX-8のエクステリア、インテリア、安全性を比較していきます。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 アウディ Q7とは

【出典】https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7.html

Q7の初代モデルは、2006年にデビューしました。

その後、2016年にモデルチェンジされた2代目は、ドア、フロントフェンダーなどにアルミを用い、なんと約300kgの軽量に成功するとともに、高い剛性も実現しました。

軽量化しても、見た目は変わらず迫力満点。

大きなボディに、快適性抜群の室内空間を備えています。

また、ダウンサイジングターボを搭載し、車体に負けないだけのパワーを引き出します。

アウディのSUVでは最上級モデルで、まさにプレミアムな1台となっています。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 アウディ Q7のスペックは?

それでは、Q7のスペックを見ていきましょう。

全長 5,070mm
全幅 1,970mm
全高 1,735mm
ホイールベース 2,995mm
通常価格帯 812万円〜938万円
乗車定員 5〜7名
実燃費 7〜9km/L
カタログ燃費 11.7〜12.6km/L
エンジン種別 ガソリン
エンジン 2000cc 3000cc
トランスミッション 8速AT

初代モデルよりも、やや小さくなったQ7ですが、それでもCX-8よりも大きいサイズ感です。

エンジンは、3リットルV6スーパーチャージャーと2リットル直列4気筒ターボチャージャーの2種類を用意。

アウディ独自の四輪システム「クアトロ」と組み合わせることで、強力な走行性能を生み出します。

豪快な乗り味のQ7とは対照的に、CX-8は滑らか。

「人馬一体」をテーマに、意のままに操ることができます。

走行性能に関しては、甲乙つけがたい結果となりました。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 アウディ Q7のエクステリアは?カラーは?

【出典】https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7.html

エクステリア(外観)はどうでしょうか?

直線を基調とし、大きなサイズとも相まって威圧感があります。

コテコテのSUV、といった外観ではなく、どことなくスポーティで、近代的なセンスを感じますね。

サイドのボディと、窓の高さの比が1:2になっており、これはアウディの黄金比なのだそうです。

カラーは全9色。

メタリック系が多く取り揃えられています。

加えて、世界でたった一つのカラーをオーダーできる、Audi exclusiveを用意。

490,000円と値は張りますが、自分だけのQ7を作り出すことができます。

対して、CX-8の外観も上質。

特に、マツダ独自の塗装技術である「匠塗 TAKUMINURI」が施された、特別カラーは格別の美しさです。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 アウディ Q7のインテリア(内装)は?

【出典】https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7.html

Q7のインテリア(内装)を見ていきましょう。

コクピットは、シンプルで機能的。

ナビなどのエンターテイメントシステムは、大型のタッチパッドが搭載されています。

先代モデルと比べ、やや小さくなったボディですが、それを感じさせない程、室内空間は広々。

2列目、3列目を倒せば、最大2075Lの積載力を誇り、自転車からサーフボードまで、様々なものを収容することができます。

では、CX-8は?

こちらも質が高く、広々。

2列目までのスペースは、Q7に劣るものの、3列目の実用性はCX-8に軍配が上がります。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 アウディ Q7の安全性は?

Q7は安全性もバッチリです。

車両や歩行者、障害物の存在を認識し、減速、停止させる自動ブレーキを搭載するなど、最新の機能で安全を確保します。

アウディは、会社としても安全にこだわっており、2017年以降の発売モデルには、全車標準で自動ブレーキを搭載する、としています。

また、2016年の米国IIHS(道路安全保険協会)が行った安全性評価では、最高評価を受けています。

一方、CX-8も様々な機関で、最高ランクの安全評価を受けており、さらに、3列目も世界トップレベルの追突安全性を誇ります。

安全性に関しては、CX-8が上回る結果となりました。

スポンサーリンク

まとめ:CX-8のライバル車比較 アウディ Q7

高級感ではQ7ですが、そう簡単に手が出せる価格帯ではありません。

価格では大きく差のあるCX-8ですが、走行性能・安全面など、負けていない項目も多く、抜群のコストパフォーマンスを誇ります。

マツダの本気度を感じることのできる一台、となっています。

マツダCX8の限界値引額を引き出すならディーラーのみでは絶対ムリ!「一括査定」しなきゃ損損損!

「新車を限界値引額でお得に買いたい・・」
「予算がこれくらいしかない・・」
「そもそも値引き交渉が苦手・・」

そんな風に悩んでいる方は、「ディーラーのみに愛車を下取りしてもらう」はなんて行為は絶対しないでください

確かに、ディーラーの下取りは頼めば先方が手続きなど進めてくれるので便利です。

しかし、適性の値引き相場よりも安くなるのがオチ

「この新車は出たばかりで値引きは難しいです。ただ、あなたの愛車の下取り価格を1万円上乗せして買取ります!」

こんな風に言われて、「1万円得できて嬉しい!」と思うあなたは、ディーラーの良いカモになっちゃいます。

ディーラーの言いなりにならないための究極且つ最適な手段とは何か?

それは、ディーラーの下取りを出す前に「愛車の一括査定で買取相場を調べておく」です。

一括査定で得た「他社の買取相場額」は、あなたの「交渉の武器」となります

一括査定で得た他社の買取相場額を武器に、ディーラー交渉することで、更なる値引きを引き出せます。

ディーラーでは30万円の下取りが、80万円で買い取ってもらえた!なんてザラ

登録後、すぐに複数社があなたの愛車の買取額を競ってくれます。

競わせれば競わせるほど買取額がどんどん跳ね上がります。

「跳ね上がって得られたお金」をどう使おうとあなたの自由です

ぜひ試してみてください。

>>「超簡単!」「わずか1分!」「無料!」の男の一括査定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です