CX-8とライバル車との比較(レクサス RX450hL)

下取り前には必ず「一括査定」

あなたの愛車を下取りに出す前に、必ず一括査定サイトで買取相場を調べてください

「他社の買取相場額」は、まさにあなたの「交渉の武器」となります

ディーラーでは30万円の下取りが、80万円で買い取ってもらえた!なんてザラ

ぜひ試してみてください。

>>「超簡単!」「わずか1分!」「無料!」の男の一括査定はこちら

RX450hLは、高級車メーカーとして知られるレクサスが送り込んだ、3列目のシートを有するSUVです。

ここで気になるのが、同じく3列シートであるCX-8。

この記事では、RX450hLとCX-8をエクステリア、インテリア、安全性といった観点から比較していきます。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 レクサス RX450hLとは

【出典】https://lexus.jp/models/rx/

RX450hLは、レクサスから昨年12月に発売されました。

人気車「RX」のボディを延長し、電動格納式の3列シートを導入した、新たなフラッグシップSUVとして、注目を集めています。

駆動方式は4WDのみ。

トヨタ・レクサス自慢のシステム、E-fourを搭載し、悪路での走行もバッチリな1台となっています。

3.5LのV6エンジンに前後モーターで、最高出力は313psを叩き出し、2tを越える車体を軽々と加速させていきます。

CX-8に人気が集まる今、レクサスが満を持して投入したSUVとなっています。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 レクサス RX450hLのスペックは?

ここでRX450hLのスペックを見ていきましょう。

全長 5,000mm
全幅 1,895mm
全高 1,725mm
ホイールベース 2,790mm
通常価格帯 790万円〜
乗車定員 7名
実燃費 14km/L
カタログ燃費 17.8km/L
エンジン種別 ハイブリッド
エンジン 3500cc
トランスミッション CVT

車体的には、CX-8よりも一回り大きいサイズとなります。

ここで注目したいのが、前後のタイヤ間の距離を表すホイールベース。

CX-8が2,930mmに対し、RX450hLは2,790mmになっています。

一般的には、ホイールベースが長い方が車内空間を広く取りやすくなります。

小回りが利きにくい、というデメリットはありますが、居住性の向上につながるというわけですね。

また、CX-8は安価な軽油を使用しますが、RX450hLは高価なハイオクガソリン。

燃料代の観点からもCX-8が一歩リードしています。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 レクサス RX450hLのエクステリアは?カラーは?

RX450hLのエクステリア(外観)については、最近のレクサスらしい近未来的なデザインですね。

高級感があり、堂々とした風格です。

カラーは、白・黒といったオーソドックスなものから、アンバーなどの個性的なものまで全9色。

レクサスの塗装には、セルフリストアリングコートが採用されており、小傷程度ならば自動的に修復されます。

いつまでも綺麗な状態を保ちやすくなり、さすが高級車、といった感じのおもてなしですね。

ただ、高級感ではCX-8も決して負けてはいません。

特に、特別塗装である「匠塗 TAKUMINURI」が採用されるカラーは、格別の美しさてす。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 レクサス RX450hLのインテリア(内装)は?

【出典】https://lexus.jp/models/rx/

RX450hLのインテリア(内装)は、高級車メーカーとして知られるレクサスなだけあって、非常に上質です。

シートは本革、ステアリングヒーターや2列目のヒーターも標準装備されています。

インパネ・センターコンソールの杢目が美しく、高級感があります。

2列目も広々、ロングボディの恩恵を受けていますね。

しかし、3列目は非常に窮屈・・・

小さな子供ならまだしも、大人の方が乗るには、短時間でもキツイものとなっています。

さらに、3列目使用時には、2列目も前にスライドさせる必要があり、こちらのスペースも狭くなってしまいます。

内装の質感はRX450hl、3列目の使用感はCX-8に軍配が上がります。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 レクサス RX450hLの安全性は?

【出典】https://lexus.jp/models/rx/

レクサスは、安全装備にも力を入れています。

特に注目すべきは、ドライバー異常時支援システム。

これは車線維持に必要な、ステアリングの操作を支援するレーントレーチングアシスト(LTA)と連動し、ドライバーの無操作が継続している場合に、音と表示により操作を促す機能です。

さらに、無操作が続いた時には、ハザードとホーンで周囲に異常を知らせ、停車、事故を未然に防ぎます。

停車後には、自動的にドアの解錠や救命要請を行うという機能もついています。

高級車メーカーならではの対応、となっていますね。

一方、CX-8ではこういったサービスは行なっていませんが、前後左右を映し出す360°ビューモニターを始め、様々な安全装備を搭載。

特筆すべきは、車本来の能力を上げ、運転手への負担を軽減することで、事故防止につなげる、というマツダ独自の思想です。

少しでも疲労が減るよう、ペダルの位置といった細部にもこだわっています。

スポンサーリンク

まとめ:CX-8のライバル車比較 レクサス RX450hL

同じ3列SUVと言えども、デザイン・価格帯などは大きく異なるRX450hLとCX8。

ラグジュアリー感ではRX450hLですが、運転の楽しさや3列目のシートの実用性では、CX-8が上回るので、どちらにしようか迷うところです。

使い方にあわせて、自分に合った方を選びたいですね。

マツダCX8の限界値引額を引き出すならディーラーのみでは絶対ムリ!「一括査定」しなきゃ損損損!

「新車を限界値引額でお得に買いたい・・」
「予算がこれくらいしかない・・」
「そもそも値引き交渉が苦手・・」

そんな風に悩んでいる方は、「ディーラーのみに愛車を下取りしてもらう」はなんて行為は絶対しないでください

確かに、ディーラーの下取りは頼めば先方が手続きなど進めてくれるので便利です。

しかし、適性の値引き相場よりも安くなるのがオチ

「この新車は出たばかりで値引きは難しいです。ただ、あなたの愛車の下取り価格を1万円上乗せして買取ります!」

こんな風に言われて、「1万円得できて嬉しい!」と思うあなたは、ディーラーの良いカモになっちゃいます。

ディーラーの言いなりにならないための究極且つ最適な手段とは何か?

それは、ディーラーの下取りを出す前に「愛車の一括査定で買取相場を調べておく」です。

一括査定で得た「他社の買取相場額」は、あなたの「交渉の武器」となります

一括査定で得た他社の買取相場額を武器に、ディーラー交渉することで、更なる値引きを引き出せます。

ディーラーでは30万円の下取りが、80万円で買い取ってもらえた!なんてザラ

登録後、すぐに複数社があなたの愛車の買取額を競ってくれます。

競わせれば競わせるほど買取額がどんどん跳ね上がります。

「跳ね上がって得られたお金」をどう使おうとあなたの自由です

ぜひ試してみてください。

>>「超簡単!」「わずか1分!」「無料!」の男の一括査定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です