CX-8とライバル車との比較(トヨタ ランドクルーザープラド)

下取り前には必ず「一括査定」

あなたの愛車を下取りに出す前に、必ず一括査定サイトで買取相場を調べてください

「他社の買取相場額」は、まさにあなたの「交渉の武器」となります

ディーラーでは30万円の下取りが、80万円で買い取ってもらえた!なんてザラ

ぜひ試してみてください。

>>「超簡単!」「わずか1分!」「無料!」の男の一括査定はこちら

オフロードに強く、世界トップクラスの悪路走破性を持つランドクルーザープラド。

一方、高級感と快適性を追求し、コストパフォーマンス抜群のCX-8。

同じようなサイズ感、ディーゼルエンジン、3列シートを有していますが、まったくキャラクターの違う2車種です。

この記事では、ランドクルーザープラドのエクステリア、インテリア、安全性を紹介、CX-8との比較を行っていきます。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 トヨタ ランドクルーザープラドとは?ランドクルーザーとの違いは?

【出典】https://toyota.jp/landcruiserprado/

ランドクルーザープラドとは、トヨタが製造するSUVで、ランドクルーザーのライト版として発売されました。

車名の由来はポルトガル語で平原を意味する「prado」だそうです。

ランドクルーザーとの違いは、まずサイズ感。

プラドも大きな車体ですが、全長、全幅ともに10cm、ランドクルーザーが上回ります。

エンジンもプラドが2.7Lガソリン、2.8Lディーゼルを選択できるのに対し、ランドクルーザーは、4.6Lガソリンのみとなっています。

ランドクルーザーの弟分のような雰囲気を持つプラドですが、パリダカール・ラリーでのランドクルーザー優勝を阻止したこともあり、決して悪路走破性は引けを取りません。

CX-8も、それなりの悪路走破性は持ち合わせていますが、プラドの前では為す術なし、といったところですね。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 トヨタ ランドクルーザープラドのスペックは?

ランドクルーザープラドのスペックを見ていきましょう。

全長 4,825mm
全幅 1,885mm
全高 1,835mm〜1,850mm
ホイールベース 2,790mm
通常価格帯 354〜406万円
乗車定員 5〜7名
実燃費 7〜9km/L
カタログ燃費 9〜11.8km/L
エンジン種別 ガソリン ディーゼル
エンジン 2700cc〜2800cc
トランスミッション 6速AT

長さはCX-8の方があるものの、幅や高さではプラドが一回り大きい、というサイズ感です。

同じ3列シート、ディーゼルターボを搭載する2台ですが、性格はまったく異なります。

FF(前輪駆動)をベースに、街乗りでの心地よさを追求したCX-8に対し、プラドはFR(後輪駆動)をベースとした、本格派クロカン。

抜群の悪路走破性を持っていますが、その分燃費がかなり悪く、一桁台です。

その点、CX-8の実燃費は12〜14km/L、とお財布に優しくなっています。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 トヨタ ランドクルーザープラドのエクステリアは?カラーは?

【出典】https://toyota.jp/landcruiserprado/

ランドクルーザープラドのエクステリア(外観)は、絵に描いたようなSUVそのもの。

誰が見ても、オフロードに強そうな見た目ではないでしょうか?

2017年には、マイナーチェンジが行われ、フロントマスクがより一層洗練された気がします。

CX-8は長いボンネットを持ち、ワゴン的、対してプラドは背が高く、角ばった印象を受けますね。

カラーは全9色。

白・黒といった定番色を揃え、メタリック系が多くなっており、ホワイトパールクリスタルシャインが一番人気のようです。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 トヨタ ランドクルーザープラドのインテリア(内装)は?

【出典】https://toyota.jp/landcruiserprado/

ランドクルーザープラドのインテリア(内装)はどうでしょうか?

目新しいものは付いていませんが、シンプルで使い勝手が抜群、悪路での操作感を追求したコクピットとなっています。

ただし、現行プラドは2009年発売。

作りの古さは隠せなくなってきており、CX-8の方が上質に感じられると思います。

2列目、3列目も同様で、広さ、シートの質、快適度といった居住性では、CX-8が上回ります。

悪路走破性を重視するか、乗り心地を重視するかで決めたいポイントですね。

スポンサーリンク

CX-8のライバル車比較 トヨタ ランドクルーザープラドの安全性は?

【出典】https://toyota.jp/landcruiserprado/

ランドクルーザープラドの安全性を見ていきましょう。

今回のマイナーチェンジで、自動ブレーキや自動ハイビームといった安全装置を搭載した「トヨタセーフティセンスP」を全グレードに標準装備させています。

見た目通り、ボディが頑丈でありながらも、歩行者傷害軽減に配慮した設計となっています。

一方、CX-8の安全性もバッチリ。

特に、国産車ではあまり触れられることのなかった、3列目への追突安全性にこだわり、世界トップクラスの社内基準を設けています。

安全性に関しては、甲乙つけがたい結果となりました。

スポンサーリンク

まとめ:CX-8のライバル車比較 トヨタ ランドクルーザープラド

街乗りをする分には、CX-8の快適性が上回ることでしょう。

しかし、ランドクルーザープラドのSUVらしさ、ワイルドさは捨てがたいところですよね。

魅力あふれる2車種ですから、どちらを選んでも満足すること間違いなしです。

マツダCX8の限界値引額を引き出すならディーラーのみでは絶対ムリ!「一括査定」しなきゃ損損損!

「新車を限界値引額でお得に買いたい・・」
「予算がこれくらいしかない・・」
「そもそも値引き交渉が苦手・・」

そんな風に悩んでいる方は、「ディーラーのみに愛車を下取りしてもらう」はなんて行為は絶対しないでください

確かに、ディーラーの下取りは頼めば先方が手続きなど進めてくれるので便利です。

しかし、適性の値引き相場よりも安くなるのがオチ

「この新車は出たばかりで値引きは難しいです。ただ、あなたの愛車の下取り価格を1万円上乗せして買取ります!」

こんな風に言われて、「1万円得できて嬉しい!」と思うあなたは、ディーラーの良いカモになっちゃいます。

ディーラーの言いなりにならないための究極且つ最適な手段とは何か?

それは、ディーラーの下取りを出す前に「愛車の一括査定で買取相場を調べておく」です。

一括査定で得た「他社の買取相場額」は、あなたの「交渉の武器」となります

一括査定で得た他社の買取相場額を武器に、ディーラー交渉することで、更なる値引きを引き出せます。

ディーラーでは30万円の下取りが、80万円で買い取ってもらえた!なんてザラ

登録後、すぐに複数社があなたの愛車の買取額を競ってくれます。

競わせれば競わせるほど買取額がどんどん跳ね上がります。

「跳ね上がって得られたお金」をどう使おうとあなたの自由です

ぜひ試してみてください。

>>「超簡単!」「わずか1分!」「無料!」の男の一括査定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です