CX-8 新型 色は7種類!人気カラーは何色?こだわりの匠塗とは?

下取り前には必ず「一括査定」

あなたの愛車を下取りに出す前に、必ず一括査定サイトで買取相場を調べてください

「他社の買取相場額」は、まさにあなたの「交渉の武器」となります

ディーラーでは30万円の下取りが、80万円で買い取ってもらえた!なんてザラ

ぜひ試してみてください。

>>「超簡単!」「わずか1分!」「無料!」の男の一括査定はこちら

近年、マツダは塗装にこだわりを見せており、CX-8のカラーバリエーションも高品質なものばかりです。

どれも魅力的で、絞るのは中々難しいですよね。

この記事では、一つひとつのカラーやなぜ有料なのか?に焦点を当て、紹介していきます。

スポンサーリンク

マツダの新型CX8のカラーは全部で7色!

車を買う上で、色は気になるポイントですよね。

CX-8のカラーは全7色です。

CX-8のカラー
ソウルレッドクリスタルメタリック※

マシーングレープレミアムメタリック※

ジェットブラックマイカ

チタニウムフラッシュマイカ

ソニックシルバーメタリック

ディープクリスタルブルーマイカ

スノーフレイクホワイトパールマイカ※

(※については、別途追加料金が発生)

どれも高級感があり、質感が高いものばかりです。

それでは、ここから一つひとつのカラーを詳しく見ていきましょう。

ソウルレッドクリスタルメタリック

【出典】 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

他のラインナップでも使用され、マツダのテーマカラーと言って良いほど、雑誌などで目にする機会が多い、ソウルレッドクリスタルメタリック。

「匠塗 TAKUMINURI」というマツダ独自の技術によって、塗装されています

深みがあり、普通の赤色とは異なる印象を受けます。

見る角度によって、様々な表情を見せてくれますよね。

明るいところと暗いところの対比が美しい色です。

マツダのデザイン思想である「魂動デザイン」の魅力を最大限に引き立ててくれるカラーです。

マシーングレープレミアムメタリック

【出典】 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

マツダ独自の塗布技術「匠塗り TAKUMINURI」シリーズ第2弾として、送り込まれたマシーングレープレミアムメタリック。

この技術により、マツダが目指したのは、熟練の職人が手作業で塗布したかのような質感です。

マシーンを象徴する「鉄」の質感をイメージし作り出された通り、メタリックな印象を受けます。

メタリックと同時に、どこか柔らかくも感じてしまうのだから不思議ですよね。

マツダの塗布技術の高さを、感じることのできるカラーとなっています。

ジェットブラックマイカ

【出典】 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

他車種でも人気のカラーですが、マツダの黒は一味違います。

アルミ片が塗り込まれ、キラキラと輝くそのボディからは、重さを感じさせず、軽やかです。

塗色にこだわるマツダならではの「黒色」となっているわけです。

黒といえば、いつの時代も人気の定番カラーですよね。

売却する際の下取り価格でも、高めになる傾向があります。

ただ、小傷や汚れが目立ちやすいため、メンテナンスが難しく、面倒くさがり屋の方には、オススメできない色でもあります。

チタニウムフラッシュマイカ

【出典】 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

こげ茶のようなブロンズのような、なんとも言えない、独特で不思議な色合いをしています。

チタニウムフラッシュマイカは、今まで日本車にはあまり無く、欧州車に多いようなカラーではないでしょうか?

高級感があり、顔のメッキとの対比が良く映えますね

こちらもメッキ片が塗り込まれており、見る角度によって表情が変わります。

カタログやネット上の写真と実車では、印象が大きく違うので、ぜひとも実物を見ていただきたいカラーです。

ソニックシルバーメタリック

【出典】 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

超定番のシルバーでも、マツダが塗布すると高級感がある銀色になります。

1番のメリットは、なんといっても汚れや小傷がわかりにくく、メンテナンスが格段に楽、ということ。

車体が大きい分、洗車が大変なので、汚れがわかりにくいのは助かる部分ですよね。

また、SUVではあまり人気が無く、見かけない色ですが、裏を返せば希少性がある、というメリットがあります

他の人とかぶりたくない方に、ピッタリなカラーとなっています。

ディープクリスタルブルーマイカ

【出典】 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

落ち着いたダーク系の青色で、上品さを感じますね。

明るいところでは鮮やかなスカイブルー、反対に暗い所でシックな濃紺の対比が美しく、様々な表情を見せてくれます

ほかの特別塗装色と比べると、人気は低めですが、質が低いわけではなく、むしろ高いくらいです。

紺色は、小傷や汚れが目立ちやすいカラーなので、メンテナンスは大変かもしれませんが、その分満足できること間違いなしです。

大人な方に、おすすめなカラーといえます。

スノーフレイクホワイトパールマイカ

【出典】 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

スノーフレイクホワイトパールマイカの名の通り、どこまでも透明感があり、白みの強い雪のようなホワイトです。

光の加減で、光沢が出る高級感のある白です。

どんな状況で、誰が乗っても似合う万能さを持ちます。

汚れや小傷が目立ちにくく、抜群のメンテナンス性です。

人気が高く、定番色。

いつの時代も人気が薄れることはなく、下取り価格が落ちません。

追加料金は必要ですが、迷ったときには、選んでおけば間違いのないカラーですね。

スポンサーリンク

マツダの新型CX8の人気カラーベスト3はこれ!


CX-8人気カラー第1位は、マシーングレープレミアムメタリックです。

実に、3人に1人が選んでいる人気のカラーです。

「匠塗 TAKUMINURI」が採用された特別色で、素晴らしい質感ですね。

第2位は、スノーフレイクホワイトパールマイカです。

どの車でも人気の定番色です。

リセールバリューも高く、鉄板色ですね。

第3位は、ジェットブラックマイカです。

この色も、ど定番ですよね。

深みがあり、コントラストが美しい黒色です。

比較的、シンプルなカラーに人気が集まる結果となりました。

スポンサーリンク

マツダの新型CX8のオプションカラー(有料)は?なぜ有料なの?

ソウルレッドクリスタルメタリックとマシーングレープレミアムメタリックに関しては、マツダ独自の技術である「匠塗 TAKUMINURI」が採用されています。

目指したのは、熟練した職人が手作業で塗ったかのような品質。

開発に長い時間をかけただけあって、非常に質感が高く、別途追加料金が発生するのもうなずける出来栄えです。

もう一つの有料色は、スノーフレイクホワイトパールマイカです。

パール系の白は、地の素材が透けて見えやすいので、他の色よりも重ねて塗られており、それが値段に反映されているというわけです。

スポンサーリンク

まとめ

お気に入りの色は、見つかりましたか?

結局のところ、自分の乗りたい色を選ぶのが1番ですよね。

一度買ってしまえば、そう簡単に変えることはできないので、末永く、乗れるよう慎重に選びたいものですね。

マツダCX8の限界値引額を引き出すならディーラーのみでは絶対ムリ!「一括査定」しなきゃ損損損!

「新車を限界値引額でお得に買いたい・・」
「予算がこれくらいしかない・・」
「そもそも値引き交渉が苦手・・」

そんな風に悩んでいる方は、「ディーラーのみに愛車を下取りしてもらう」はなんて行為は絶対しないでください

確かに、ディーラーの下取りは頼めば先方が手続きなど進めてくれるので便利です。

しかし、適性の値引き相場よりも安くなるのがオチ

「この新車は出たばかりで値引きは難しいです。ただ、あなたの愛車の下取り価格を1万円上乗せして買取ります!」

こんな風に言われて、「1万円得できて嬉しい!」と思うあなたは、ディーラーの良いカモになっちゃいます。

ディーラーの言いなりにならないための究極且つ最適な手段とは何か?

それは、ディーラーの下取りを出す前に「愛車の一括査定で買取相場を調べておく」です。

一括査定で得た「他社の買取相場額」は、あなたの「交渉の武器」となります

一括査定で得た他社の買取相場額を武器に、ディーラー交渉することで、更なる値引きを引き出せます。

ディーラーでは30万円の下取りが、80万円で買い取ってもらえた!なんてザラ

登録後、すぐに複数社があなたの愛車の買取額を競ってくれます。

競わせれば競わせるほど買取額がどんどん跳ね上がります。

「跳ね上がって得られたお金」をどう使おうとあなたの自由です

ぜひ試してみてください。

>>「超簡単!」「わずか1分!」「無料!」の男の一括査定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です