CX8 維持費はどれくらい?月額と年間シミュレーションは?維持費を押さえるおすすめの方法とは?

下取り前には必ず「一括査定」

あなたの愛車を下取りに出す前に、必ず一括査定サイトで買取相場を調べてください

「他社の買取相場額」は、まさにあなたの「交渉の武器」となります

ディーラーでは30万円の下取りが、80万円で買い取ってもらえた!なんてザラ

ぜひ試してみてください。

>>「超簡単!」「わずか1分!」「無料!」の男の一括査定はこちら

車を所有する上で最も気になるのは、維持費ではないでしょうか?

CX8を購入しても、自分が維持できるのか不安な方もいると思います。

そんな方のために、CX8の維持費をシミュレーションしてみました。

また、維持費をできるだけ抑える方法も、紹介します。

スポンサーリンク

車にかかる維持費とは?何を計算すればいい?

車の維持費をまとめてみました。

・自動車税

年に1回支払うもので、売却・廃車しない限り付いて回るものです。

・点検

車検や法定点検などが含まれます。

・自動車任意保険

任意とありますが、未加入で人身事故を起こした場合には、多額の慰謝料を支払うケースがあるため、実際のところは必須です。

・燃料代

レギュラーガソリン、高価なハイオク、安価な軽油、があります。

走行距離によって変わる部分です。

・駐車場代

別途、借りる必要があるのならば、費用に入れます。

・その他、消耗品

オイルやタイヤなどが含まれます。

・ローン金利

ローンで購入した場合は、金利も計算に入れましょう。

以上が車を維持する上での、費用になります。

スポンサーリンク

CX8の維持費は月額でどれくらい?年間シミュレーションもしてみた

CX8の維持費を細かく見ていきましょう。

まずは自動車税。

CX8は2200ccですので、2L超2.5L以下に該当し、年間45,000円です。

続いては、2年に1度の車検です。(初回は3年)

自賠責や重量税、印紙代を合わせて47,630円。

これに車検基本料が追加されますが、ディーラーや業者によって金額が変わります。

平均50,000万円程度ですので、車検代に加算し、97,630円となります。

任意保険は、保険会社、加入者の年齢、等級によって違うので、年間90,000円と設定しておきます。

次は燃料代です。

CX8の実燃費は、13km/L程度。

年間1万キロ走るとして、軽油代1L120円で計算すると、年間約92,400円となります。

駐車場は、場所によって変わるので、月10,000円としておきます。

その他、消耗品は、年に2回のオイル交換とタイヤ代として、年間30,000円程度でしょうか。

ローンがある場合は、金利分が維持費に上乗せされます。

CX8の維持費:月額でどれくらい

それでは、月額ではいくらになるのでしょう?

月額は、およそ35,000円です。

では、年間の維持費は?

CX8の維持費:年間シミュレーション

およそ426,000円です。

どちらも車検については、2年に1度のものであるため、年間に換算し、計算しています。

スポンサーリンク

維持費を押さえる私のオススメ方法3選:任意保険の見直し

維持費を抑える上で、見直したいのが任意保険。

似たような補償内容でも、保険会社によって、値段が大きく違います。

一括見積もりサイトを使えば、各社比較ができるので便利ですね。

補償内容で注目したいところは、運転する人を制限する「本人限定」「配偶者限定」といった箇所。

自分以外の人間が運転する場合は、「限定なし」の設定が必要ですが、そうでない場合は、本人限定、または本人・配偶者限定にするのがオススメです。

というのも、本人・配偶者限定にすると、割引率が6〜8パーセントと高く、保険料を抑えることができるからなんです。

無駄に保険料を払っていないか、内容は定期的に見直したいところですね。

スポンサーリンク

維持費を押さえる私のオススメ方法3選:省エネ運転で燃料代節約!

続いて紹介するのは、燃費。

軽油は安価ですが、塵も積もれば山となるものです。

燃料代を節約するため、意識したいのが急発進や急ブレーキなど「急」のつく運転をしないこと。

同乗者や車両への負担がある上に、燃費を低下させることになります。

また、車間距離を十分に取ることも有効です。

車間距離が近いと、追突の危険性が増すばかりか、無駄な加減速が多くなり、燃費が悪くなってしまいます。

タイヤの空気圧を適正値にしたり、エンジンオイルを定期的に交換したりすることも、低燃費につながりますね。

スポンサーリンク

維持費を押さえる私のオススメ方法3選:ユーザー車検のススメ

新車の場合は3年、通常は2年に1度、車検はやって来ます。

車検には、ディーラーなどの業者に任せるものに加え、自分で行う「ユーザー車検」があります。

最初こそ苦労するかもしれませんが、車の整備をできない方でも、十分、車検を受けることは可能。

必要な費用は、自賠責保険料 25,830円(2年分)

検査手数料 1,800円

自動車重量税 20,000円

合計 47,630円です。

必要最低限のみの費用となり、大幅に安く仕上げることができます。

ただし、ユーザー車検を行えるのは平日のみ。

休みが取れる方は、積極的に挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

車を購入する際は、価格だけではなく、その後の維持費も考えることが大切です。

維持できず売却した、という話も聞きますので、計画性のあるプラン立てを行いたいところですね。

マツダCX8の限界値引額を引き出すならディーラーのみでは絶対ムリ!「一括査定」しなきゃ損損損!

「新車を限界値引額でお得に買いたい・・」
「予算がこれくらいしかない・・」
「そもそも値引き交渉が苦手・・」

そんな風に悩んでいる方は、「ディーラーのみに愛車を下取りしてもらう」はなんて行為は絶対しないでください

確かに、ディーラーの下取りは頼めば先方が手続きなど進めてくれるので便利です。

しかし、適性の値引き相場よりも安くなるのがオチ

「この新車は出たばかりで値引きは難しいです。ただ、あなたの愛車の下取り価格を1万円上乗せして買取ります!」

こんな風に言われて、「1万円得できて嬉しい!」と思うあなたは、ディーラーの良いカモになっちゃいます。

ディーラーの言いなりにならないための究極且つ最適な手段とは何か?

それは、ディーラーの下取りを出す前に「愛車の一括査定で買取相場を調べておく」です。

一括査定で得た「他社の買取相場額」は、あなたの「交渉の武器」となります

一括査定で得た他社の買取相場額を武器に、ディーラー交渉することで、更なる値引きを引き出せます。

ディーラーでは30万円の下取りが、80万円で買い取ってもらえた!なんてザラ

登録後、すぐに複数社があなたの愛車の買取額を競ってくれます。

競わせれば競わせるほど買取額がどんどん跳ね上がります。

「跳ね上がって得られたお金」をどう使おうとあなたの自由です

ぜひ試してみてください。

>>「超簡単!」「わずか1分!」「無料!」の男の一括査定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です