CX-8新型のオプションとは?グレードごとの違いとディーラーオプションは押さえるべし!

下取り前には必ず「一括査定」

あなたの愛車を下取りに出す前に、必ず一括査定サイトで買取相場を調べてください

「他社の買取相場額」は、まさにあなたの「交渉の武器」となります

ディーラーでは30万円の下取りが、80万円で買い取ってもらえた!なんてザラ

ぜひ試してみてください。

>>「超簡単!」「わずか1分!」「無料!」の男の一括査定はこちら

車を購入する際、時間をかけ選びたいのがオプションですよね?

CX-8には、グレードが3種類。

この記事では、グレード別に装備可能なメーカーオプション、ディーラーオプションを紹介していきます。

スポンサーリンク

CX-8新型のメーカーオプションとは?

【出典】http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

そもそもメーカーオプションとディーラーオプションの違いとは、なんだと思いますか?

答えは、装着するタイミングです。

ディーラーオプションは、工場から出荷されてから取り付けられるので、ほとんどのオプションが納車後にも装備可能です。

対してメーカーオプションは、製造過程に装着されるので、工場から出荷されてしまうと装備不可能になる、という違いがあります。

個人的なおすすめメーカーオプションは、ステアリングオーディオスイッチです。

運転中でも、ついつい音量調整や選曲をしてしまいそうになる経験は、誰にでもあるのでは?

モニターでの操作は、わき見になってしまいますが、ステアリングオーディオスイッチならば、前を見たままでも操作できるので安全というわけです。

スポンサーリンク

XDのメーカーオプション

【出典】http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

次に、XDのメーカーオプションの「セーフティクルーズ・パッケージ」を紹介します。

上位グレードに見劣りする安全面を強化するものです。

中身としては、先行車に追突する危険性を警報や自動ブレーキによって回避する「スマート・ブレーキサポート」

先行車との距離を一定に保つ「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」

ドライバーの運転を学習し、いつもと違う動きをすると、休憩を促す「ドライバー・アテンション・アラート」

キーを携帯しているだけで、施錠、解錠、エンジンの始動や停止が可能な「アドバンストキーレスエントリーシステム」

燃費といった情報を表示する「マルチインフォメーションシステム」

といったところです。

値段としては、86,400円と高価ですが、付ける価値のある安全装備です。

スポンサーリンク

XDプロアクティブのメーカーオプション

【出典】http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

次に、中間グレードであるXD プロアクティブです。

注目のオプションは、XDには設定されない360°ビューモニターとフロントパーキングセンサー。

車体の前後左右に取り付けられた、カメラからの映像をモニターに表示し、狭い路地や駐車時に効果を発揮します。

フロントパーキングセンサーは、車体のセンサーが障害物を検知すると、表示やブザーによって知らせてくれます。

大きな車体を持つCX-8ですが、これらの機能により、衝突事故を防ぐことができるというわけです。

他にも、リアゲートを自動で開閉できる「パワーリフトゲート」など便利なオプションが揃っています。

スポンサーリンク

XD Lパッケージのメーカーオプション

【出典】http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

それではXD Lパッケージはどうでしょうか?

上位グレードなだけあって、安全、快適装備ともにほとんどのものが標準で付いています。

おすすめするのは、音響システム。

アメリカ生まれのBose(ボーズ)と共同開発し、CX-8専用に設計され、単なる後付けではない高品質の、サウンドシステムを取り付けることができます。

10基のスピーカーを用意し、3列目まで、同じ音を楽しめるよう工夫されています。

もちろんBoseらしい低音も健在。

迫力あるサウンドを楽しむことができる、というわけです。

スポンサーリンク

CX-8新型のディーラーオプションとは?

【出典】http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8のおすすめディーラーオプションを紹介します。

まずは安全装備の「ブルーミラー」

誰でも一度は、後続車のライトがドアミラーに反射してまぶしい、という経験はあると思います。

このブルーミラーは、眩しさを軽減させ、雨の水滴も馴染ませてくれるので、良好な視界を確保でき、安全につながるというわけです。

次に快適装備です。

CX-8には、マツダ独自のコネクティビティシステム「マツダコネクト」が装備されるものの、ナビは利用できません。

ナビゲーション用のSDカードを、オプションでつけることによって、ナビが使用可能というわけです。

スポンサーリンク

まとめ

CX-8には、納車前にしか取り付けることができないオプションもあり、なかなか迷うところです。

充実させたくても、費用の問題で何でもかんでも、というわけには行きませんが、この悩んでいる時間が楽しかったりするんですよね。

オプション選びは時間をかけ、慎重に行いたいものです。

マツダCX8の限界値引額を引き出すならディーラーのみでは絶対ムリ!「一括査定」しなきゃ損損損!

「新車を限界値引額でお得に買いたい・・」
「予算がこれくらいしかない・・」
「そもそも値引き交渉が苦手・・」

そんな風に悩んでいる方は、「ディーラーのみに愛車を下取りしてもらう」はなんて行為は絶対しないでください

確かに、ディーラーの下取りは頼めば先方が手続きなど進めてくれるので便利です。

しかし、適性の値引き相場よりも安くなるのがオチ

「この新車は出たばかりで値引きは難しいです。ただ、あなたの愛車の下取り価格を1万円上乗せして買取ります!」

こんな風に言われて、「1万円得できて嬉しい!」と思うあなたは、ディーラーの良いカモになっちゃいます。

ディーラーの言いなりにならないための究極且つ最適な手段とは何か?

それは、ディーラーの下取りを出す前に「愛車の一括査定で買取相場を調べておく」です。

一括査定で得た「他社の買取相場額」は、あなたの「交渉の武器」となります

一括査定で得た他社の買取相場額を武器に、ディーラー交渉することで、更なる値引きを引き出せます。

ディーラーでは30万円の下取りが、80万円で買い取ってもらえた!なんてザラ

登録後、すぐに複数社があなたの愛車の買取額を競ってくれます。

競わせれば競わせるほど買取額がどんどん跳ね上がります。

「跳ね上がって得られたお金」をどう使おうとあなたの自由です

ぜひ試してみてください。

>>「超簡単!」「わずか1分!」「無料!」の男の一括査定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です